夏休み明けに不登校になる子が多い!?不登校への適切な対応とは

公開日:2023/05/15  最終更新日:2023/04/05

家庭教師 不登校への適切な対応

自分の子どもが不登校となってしまうと、どう対応すればよいのか悩んでしまう親は多いのではないでしょうか。とくに、これまで学校に行くことができていたのに、夏休み明けに急に不登校になってしまうと、どうすればよいか戸惑ってしまいがちです。本記事では、夏休み明けに不登校になってしまう原因と対処方法について解説します。

夏休み明けに不登校が増える理由とは

不登校の原因は大きくわけて、「人間関係」「勉強面の不安や遅れ」「家庭環境」の3点にわけることができ、そのなかでも最も多いのは、「人間関係」の問題です。代表的な原因としては、いじめがあげられます。クラスメイトから無視をされたり、嫌がらせを受けたりすると、学校に行きたくなくなってしまうのは当然です。学校がある間は、体力的・精神的に辛くても、なんとか頑張ることができている子どももいます。

しかし、夏休みなどの長期休みをきっかけに、学校へ行くことにためらってしまうこともあります。また、長期休みの間に、普段は気付いていなかった自分のストレスや疲れに気づいてしまい、ストレスの原因である学校に行きたくないといったこともあります。

このように、長期休みをきっかけに学校に対するストレスと向き合うことで、不登校につながってしまうことがあるのです。そのほかにも、一日の大半をしめていた学校生活がなくなることで、生活リズムに大きな変調をきたします。その結果、夜更かしや朝寝坊が習慣となり、「朝起きられない」「夜に眠れない」といった理由で、学校に行けなくなってしまうこともあります。一度乱れてしまった生活リズムをなおすには、相当なエネルギーが必要です。元々学校生活にストレスを感じ、エネルギーを消耗してしまっている子どもたちの場合には、以前の生活に戻すことが難しくなってしまい、不登校につながるケースがあります。

不登校への適切な対応の仕方は?

夏休みなどの長期休みをきっかけに不登校になってしまった場合の、適切な対応について解説します。

医療機関を受診する

体の不調がみられる場合、それがストレスによるものなのか、病気による症状なのかを知る必要があります。病気の症状であれば、治療によって症状が改善することで、学校に行くことができる可能性もあります。そのため、まずは医療機関を受診し、原因を特定することが必要です。

不登校の背景を理解する

精神的な原因であれば、どのような理由で不登校につながってしまっているのか、その背景を理解することが重要です。そのためにもまずは、子どもの話を聞いてみることが必要です。このとき、学校に行きたくない原因について執拗に問い詰めることは避けましょう。子どもにとって、学校は口にも出したくないところです。何度も話題にあげることで、さらにストレスになってしまう可能性があります。

まずは普段の様子をよく観察し、ちょっとした声にも耳を傾けて話を聞くようにしましょう。そのなかで、不登校につながっている原因やきっかけを探り、対処方法を考えるようにしましょう。学校に行かなければならないことは、子ども自身も理解しています。時期がくれば自分から話題に出すようになるので、焦らずに待ちましょう。

学校に相談する

不登校の背景を理解しても、その対処に時間がかかってしまう可能性もあります。また、子どもによってはその理由をなかなか話したがらず、原因を聞きだすだけでも時間がかかってしまうことも考えられます。長引いてしまいそうなときは、学校に相談してみましょう。担任の先生や保健の先生、スクールカウンセラーなどと話すことで、子どもの抱える問題に気づくことができるかもしれません。

また、外部機関の紹介も含め、今後の対応方法について一緒に考えてくれるでしょう。不登校の子どもにとっても、自分自身の将来のことや、勉強の遅れに対する不安、今後どうすればよいか戸惑っています。必要な情報を集め、子どもの将来を一緒に考えるようにしましょう。

勉強の遅れのサポートに「家庭教師」という選択肢!

子どもがまた学校に行きたいと思ったときに、勉強が遅れていて授業についていけないことがあっては、再び不登校につながってしまう可能性があります。また、将来に対する子どもの不安を和らげ選択肢を広げるためにも、学習面でのサポートは重要です。しかし、塾などの集団学習では、対人関係にストレスを抱えていることが多い不登校の子どもにとって、学校と似た環境になってしまい、負担に感じてしまうかもしれません。

そこで、マンツーマンで子どものペースで授業を進めることができる「家庭教師」は、子どもにとってもよい選択肢となるのではないでしょうか。相性のよい家庭教師と出会うことで、人間関係を構築することに前向きになるきっかけになるかもしれません。子どもの心の準備が整ってから、一緒に考えてみましょう。

まとめ

子どもが不登校になる原因にはさまざまな理由があります。まずは子どもと話す時間を増やすことで、不登校になってしまった原因を知り、対処方法を考えるようにしましょう。そのなかで、子どもの様子を見ながら必要としているサポートをしていくことが求められます。不登校は親にとっても、子どもにとっても大きな問題です。家庭で抱え込まず、ときには外部のサポートを受けながら、子どもにとってベストな選択をしましょう。

【静岡県】おすすめの家庭教師ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名家庭教師ヴォックス(VOX)家庭教師ファースト学生家庭教師会家庭教師のファミリープロ家庭教師のジャンプ
特徴勉強嫌いを自発的に学べるように変える!後払い制で費用が安い家庭教師ハイクオリティかつリーズナブル!使いやすい家庭教師50年以上の実績と豊富なノウハウ!全国展開かつ各地域に根差した家庭教師成績保証制度とチーム体制のサポート!安心して任せられる家庭教師プロ家庭教師による高品質指導!発達障害の生徒にも柔軟なサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧